十三参り👘

こんにちは😃

夢京都嵐山店です。

今日も全国的に雨のようで

京都、嵐山も今朝から雨が、降り続いております。

梅雨が終わるとまた暑い夏がやってきますね☀

今年は色々とイベント事がなくなったりと少し寂しいですが、短い夏を思いっきり楽しみたいですね(*^ω^*)

こんな時こそ浴衣をきて

少しでも夏気分を満喫してほしいです👘

さて、本日は関西独特!?の文化十三参りについてご紹介いたします✨✨

嵐山がまばゆいばかりの新緑に包まれる頃、渡月橋の袂の高台にある法輪寺では、毎年「十三まいり」と呼ばれる、子供たちが大人になるための通過儀礼が行われています。

十三まいりの時期は、新暦の4月13日の前後1ヶ月、3月13日から5月13日とされていて、春休みやゴールデンウィークを利用して行く人たちが多いのですが、一部、秋の十三まいりとして10月から11月にかけて行く人もいるようです。

また、数え年で13歳の年の行事とされているため、ほとんどの子供たちは小学校から中学校にあがる春または秋にお詣りしています。

「十三まいり」という行事は、関西では七五三と同じくらい大事な行事とされています。

特にこの嵐山の法輪寺への十三まいりはとても有名で、ここにある虚空蔵菩薩が十三番目に誕生した智恵と福徳を司る菩薩とされているので、京都をはじめとする関西の子は13歳になると晴れ着を着てここに知恵を授かりに来るのです。

 

お詣りが終わってからお寺の長い参道を下って、渡月橋を渡り終わるまで、けしてうしろを振り返ってはいけないのです。途中で振り返ると、授かった知恵が全部戻ってしまう、という言い伝えがあるのです。

十三まいりの服装ですが女の子は着物、男の子はスーツといった格好が中心です。

当店でも二尺袖のお着物を取り扱っておりますのでぜひお気軽にお問い合わせ下さい!

十三まいりを終えて、少しだけ大人になったような子供たちの姿を見るのは、ちょっとうれしいような、ちょっと寂しいような、私たち大人にとっても感慨の深い行事です。

お子様が13歳を迎える際には、ぜひ、この、日本で一番風流な大人への通過儀礼に挑戦してみてください!

 

 

 

 

 

皆様の御来店をスタッフ一同お待ちしております❣❣

京都市より

自粛要請は解除されましたが

しばらくの間

社会情勢に合わせての営業とさせて頂きます。

三密状態を避ける為、

レンタルされないお客様の店内入店を

お断りさせていただく場合がございます。

同時間帯にお客様が集まらない様

予約時間・人数等の

制限をさせていただく場合がございます。

ご予約は2日前までの要予約制

お問い合わせは24時間お受けしております。

お気軽にお問い合わせ下さい✨✨

ご来店いただく皆様に安全に楽しんでいただける様、

ご迷惑をお掛け致しますが

ご理解の程宜しくお願い致します🙇🏻‍♀️

一日でも早く

京都観光を心から楽しめる日が

来ますようスタッフ一同願っております。

お気軽にお問い合わせください!

HPの予約フォームからのご予約も大歓迎です😃

夢京都嵐山店

075-871-2233

9:00-18:00